ゲームの基本ルールについて

村人の役職

村人

特殊能力はないが、何者でも無いことが一番強力な能力かもしれない。
特殊能力はないものの、何者でも無いことが一番強力な能力かもしれません。
身の証を立てるには本物と確認された占い師に占ってもらうしかありません。
しかし、アナタの知恵と勇気で村を救うことができるはずです。

占い師

夜に誰か一人を指定して、村人か人狼か判定できる。
狂人は村人として判定される。
妖狐を占った場合、判定結果は村人と出るが、翌朝妖狐は死んでいる。
大抵の場合、偽占い師が現れ、本物であると信じてもらえない。 夜に誰か一人を指定して、村人か人狼か判定できます。
狂人は村人として判定されます。
妖狐を占った場合、判定結果は村人と出ますが翌朝妖狐は死んでしまいます。
大抵の場合偽占い師が現れるため、すぐに信頼されることは難しいでしょう。

霊能者

夜に前日の投票で処刑された人が村人か人狼か判定できる。
狂人、妖狐が処刑されていた場合、村人として判定される。
夜に前日の投票で処刑された人が村人か人狼か判定できます。
狂人、妖狐が処刑されていた場合、村人として判定されます。

共有者

二人一組。サーバによっては二人だけの内緒話ができる。互いが村人陣営であることが
確定で判ることがメリット。初日に占い師を騙ったり、潜伏して偽占い師や偽霊能者を
あぶり出すなど、多彩な戦術が可能だが、あっさり吊られて不発に終わることも多い。
また、囮となって食われるのも仕事のうち。狩人と狼の裏のかきあいに翻弄される。 二人一組で登場し、サーバによっては二人だけの内緒話ができます。
互いが共有者であることを認識できる能力を持ち、第三者にも双方が村人陣営であることがほぼ確定します。
初日に占い師を騙ったり、潜伏して偽占い師や偽霊能者をあぶり出すなどの多彩な戦術が可能ですが、
あっさり吊られて不発に終わることも少なくありません。
村人陣営であることが確定しているため、まとめ役として動くことが多くなります。

狩人

夜に誰か一人を指定して人狼の襲撃から護衛することができる。
護衛対象は、その夜の間だけ人狼の襲撃対象になっても死なない。
周囲に狩人と悟られないようにうまく立ち回る技術が求められる。 夜に誰か一人を指定して人狼の襲撃から護衛することができます。
護衛対象は、その夜の間だけ人狼の襲撃対象になっても死にません。
自分自身を護衛することはできません。
そのため周囲に狩人と悟られないようにうまく立ち回る技術が求められます。

埋毒者(PHP版追加役職)

埋毒者は村作成の時にオプションとして設定され、プレイヤー20人以上で登場します。その場合人狼は4名になります。
埋毒者の体には少量の毒が流れていて、自身は抗体がありなんともありませんが、その血液に触れた人は死に至ると言われています。
処刑されると生存者全員の中からランダムに一人道連れで死亡します。
人狼から襲われた場合は人狼の中からランダムに一人道連れにします。

共通の役職

陣営共通のサブ役職

以下の役職はPHP版の追加役職で、陣営に関わらずランダムで兼任になります。

決定者(PHP版追加役職)

決定者は村作成の時にオプションとして設定され、プレイヤー16人以上で登場します。
処刑投票の票数が同数で分かれた場合、決定者が投票した対象が優先されます。
決定者自身は自分が決定者であることはわかりません。兼任となり、他の役割のオプションとして付きます。

権力者(PHP版追加役職)

権力者は村作成の時にオプションとして設定され、プレイヤー16人以上で登場します。
権力者は村では一目置かれた存在で、処刑投票での権力者の投票は2票分の効果を発揮します。兼任となり、他の役割のオプションとして付きます。


    Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
BTOパソコンS(スリムシリーズ)468×60_01